database-960_720

[SELECT ~ FROM ~]でデータを抽出

書式としては以下です。

SELECT カラム名,カラム名,… FROM テーブル名

 

記述例としては以下です。

SELECT * FROM HRSYS_MS_EMP;

この場合、HRSYS_MS_EMPテーブルを表示しますが、今回はカラム名を ” * ” としているため、全てのカラムを表示します。

もし、[EMP_NM]というカラムだけをを抽出したければ以下のようなSQLを書きます。

SELECT EMP_NM FROM HRSYS_MS_EMP;

以下ののSQL文の場合、FLG1で” 1 “を含むレコードのみ抽出します。
1の前後に” * “を入れいているので1だけでなく、11、100、212など、前後に何文字入っていても1を含むレコードを対象とします。

SELECT EMP_NM, FLG1
FROM HRSYS_MS_EMP
WHERE FLG1 Like “*1*”;
スポンサーリンク

[UPDATE]でデータを更新

記述例としては以下です。

UPDATE HRSYS_MS_EMP
SET CHECK_FLG = 1;

この場合、HRSYS_MS_EMPテーブルのCHECK_FLGを” 1 ” に更新します。

今回の場合、WHERE句で対象を絞っていませんので、HRSYS_MS_EMPテーブルの全てのレコードが対象です。