toeic600-book

TOEIC600点台の人ににおすすめの英語学習本

TOEICの勉強で書籍を買うことが多いと思いますが、レベルに合わせて買わないといろいろ無駄が多くなってしまいます。簡単過ぎれば、買う必要があありませんし、難しすぎるとストレスが溜まります。ということで今回はTOEIC600点台の人にお勧めの英語学習本を紹介します。これを書いている時点で600点台の後半なので、早く「700点台におすすめの~」というエントリーを書きたいところです。

音声DL付 TOEIC(R)テスト 基本例文700選 TTTスーパー講師シリーズ

とにかくTOEICでよく出る文章や単語を集めた本です。基本的に例文が中心となっているので、単純に単語だけを覚えるのが嫌いな私には合っていました。あと、TOEICに限らずまず相手(試験問題)に慣れないことには、何を勉強した方が良いのかも曖昧になってしまうと考えています。

何事も出口戦略が重要だと思うので、TOEICに慣れるという意味でも、TOEICに頻出の例文に多く触れるのは有効だと思います。

音声DL付 TOEIC(R)テスト 基本例文700選 TTTスーパー講師シリーズ

スポンサーリンク

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

出口戦略という意味では、公式問題集は必須でしょう。私の場合、普段は目を通しませんが、TOEIC試験の2週間くらい前から時間を測って問題を解いたりしています。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

新品価格
¥3,024から
(2016/8/26 15:08時点)


新しい問題集が出るたびに買うかどうかは変更点やその時のやる気次第ですが、前に勉強したことが役に立たないということは無いので、一つくらい古くても良いかなと思います。少しでも書籍代を抑えたい人はAmazonで中古を買うのも手ですね。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

中古価格
¥2,130から
(2016/8/26 15:08時点)

英単語速習術 ――この1000単語で英文が読める

単語本はいろいろ好みがあると思います。個人的には単語を単純に暗記するのが苦手というか嫌いです。そして、私は割と短気な方で、長く集中力が持ちません。私のように暗記が苦手であれば一工夫されている本を読むのが良いでしょう。
今回紹介している「英単語速習術」は、対義語や単語の性質などを上手く押さえていて、個人的に読みやすく飽きずに取り組めました。コレを読んだのはTOEICが650~700点くらいの時なのですが、もう少しレベルが高い単語だとなお良かったです。そういった意味ではTOEIC500~650点くらいの人には丁度いいかもしれません。なお、650~700点くらいの点数をとっていても、知らない単語や腹に落ちていない単語がありましたので、600点台の人は一読の価値があると思います。

あと、暗記術としても他の言語の勉強や資格取得に役立つかもしれません。

[音声DL付]完全改訂版 TOEIC(R) テスト全パート完全攻略

基本的には初めてTOEICを受ける人向けに書かれた本ですが、600点前後の人にも自信をもってお勧めできる本です。お勧めする理由としては以下です。

– パート1~7まで総合的にカバーしている
– 公式問題集と違って電子書籍版もあり、使いやすい
– 感情移入してリスニングするなど、各パートでのコツも載っている
– 内容が非常に分かりやすく読みやすい
– 攻略だけでなく勉強法も載っている