TOEICを受けている人は目標の点数があると思います。600点とか730とか。

ただ、内訳としてどういう点数配分でその目標をクリアするのか考えているでしょうか。

つい最近までそれぞれの内訳を全く気にせずにいたのですが、目標点数をクリアするための戦略を考えるにあたって、それぞれ細かく目標設定した方がいろいろ良いことがあったので今回記事にしておこうと思う。

まずは自分の傾向を知る

まずは自分の傾向を知るところから始めましょう。そうでないと作戦の立てようがありませんからね。

スポンサーリンク

リスニングとリーディングの配分を確認

とりあえず、直近含め3回分くらいの点数を確認しましょう。
そしてリスニングとリーディングでだいたい何点くらい取れているのか把握します。
3回分くらいの平均値をそれぞれ出せば良いでしょう。

自分の場合は明らかにリスニングの方が点数が高いです。

600点くらいとってた時は、
– リスニング :350点
– リーディング :250点

700点くらいとってた時は、
– リスニング :400点
– リーディング :300点

といったところです。

次にそれぞれのセクションの目標設定

次にリスニングセクションとリーディングセクションで、それぞれ何点を目標とするか決めます。

目標設定例

自分の場合、合計点数が600点の時に、リスニングが350点くらいだったのでリスニングも目標を「400点」としました。

その際、リーディングの目標設定はしませんでした。まずは、リスニングだけに集中してスコアを上げる作戦です。

リーディングはスコアが落ちない程度しか勉強しませんでした。

リスニング力を上げた結果

リスニング力を上げた結果、自然とリーディング力も上がりました。Part3、Part4で自然と英文を読みますので、短いながらも文章を読む力と単語力が付いたのかもしれません。

できればパート別に集中的に勉強する

セクションごとに目標を立てて、集中的に勉強することをお勧めしていましたが、できればパート別に集中した方が良いでしょう。