slash-reading

私は英会話の先生では無いのですが、一緒にレッスンを受けている人にアドバイスすることがあります。その中でかなり高い頻度でアドバイスをするのが、「英文を区切る」ということです。
しかも、この英文を区切って話すのは難易度がそれほど高く無い上、英会話で効果があります。

スポンサーリンク

日本人にありがちな英語の話し方

日本人にありがちなのが、リズムをとらず、英文を区切らずに英語をダラダラと話してしまうということです。外国人に聞いてみたのですが、RとLの発音の区別なんかよりも日本人の英語が伝わりにくい原因として、「リズムをとらず、英文を区切らずに英語をダラダラと話す」というのがあるとのことです。

リズムをとるのは難しいですので、せめて短い文章で区切りながら、顔を上げて、大きな声で、相手の表情を見ながら英語を話しましょう。今までよりもグッと英語が伝わると思います。ちなみに私はリズムをとるのが苦手なので、短いセンテンスで区切って話すようにしています。その方が外国人でも日本人でも英語が伝わります。

英語を区切りながら話すコツ

英語を区切りながら話すのが苦手なまず一人で訓練した方が良いかもしれません。英語を区切りながら読むコツとしては「スラッシュ リーディング」がお勧めです。やり方は以下のサイトがよくまとまっている気がします。

英語の長文読解のコツ!スラッシュリーディングのルールと8つの方法

コツは上記のサイトを参考にしてもらうとして、「スラッシュ リーディング」を使うとなると慣れが必要です。なので、ある程度訓練が必要です。訓練にはやはり本がお勧めです。私のお勧めの本は以下です。3種類ありますが同じシリーズなので自分のレベルに合わせて買いましょう。1日5分で良いので30日くらい続ければスラッシュリーディングが体に染みつくでしょう。

TOEIC500~600点くらいの人はまずこのVol.2をやってみてください。それ以下の人はVol1、600点超える人はVol3ですかね。