long-reading_01

英語の長文を読むための本を幾つか読んでみる

私の場合、仕事で外国人と英語でやりとりしています。基本的にはE-mailやSkypeなどでやりとりしているのですが、英語のHPを読むこともそこそこあります。短い英文であれば良いのですが、長文となるといろいろとハードルが高く苦手意識があるので、英語の長文を早く読むための本を幾つか読んでみました。

人によって合う合わないと言うのがあると思いますが、自分に合わなかった本も含めて個人的な感想を簡単に残しておきます。どんなに良い本でもレベルやその時の状況によって役に立つかどうかは違ってくると思いますので、今回合わなかった本もいずれ自分に役に立つようになれば良いなと思います。

自分の英語レベル

この記事を書いている時点での私の英語力を伝えておきますと、大まかには以下の内容です。

  • TOEICは毎回650~700点くらい
  • Readingセクションは300点前後

要するに長文セクションのPart7は苦手で最後まで目を通せないレベルですね。速読以前に語彙力がまだまだ足りていないです。

スポンサーリンク

続 英語長文超速読完成 究極テクニックII

「続 英語長文超速読完成 究極テクニックII」という英語の長文の速読本を読んでみました。これは自分のレベルを考えずに読んだ自分が悪かったのでしょうが、自分にはハードルが高すぎましたね。少なくともTOEICで常に800点以上取れるような人が読む本のような気がします。英語の長文が苦手な上に、日本語の速読もできない自分には荷が重すぎました。

続 英語長文超速読完成 究極テクニックII

[速習!]フォーカス・リーディング講座 1冊10分で10倍の成果を出す超速読術

英語の長文速読本で身の程を知ったので、まずは日本語を早く読むための速読本を読んでみました。一冊10分、10倍と言わないまでも、1冊2時間、2倍の効果くらいは目指したいと思います。

[速習!]フォーカス・リーディング講座 1冊10分で10倍の成果を出す超速読術

とりえあえず、半分程度読んで見ましたが、この本に書いてあるトレーニングをしながらなので、なかなか最後まで行きつきません。。。
本では30日程度のトレーニングのようですが、毎日読書の時間をとれるわけではないので、読み終わるのに少し時間が掛かりそうです。
ただ、読書には意識と姿勢というのは少なくとも分かったので、少しは得るものがありそうです。

[音声DL付]究極の英語リーディング

私のレベルで丁度良かったのはコレです。文を区切りながら読む「スラッシュリーディング」をやってみたかったので、この本を買いました。これは買って良かったなと思います。個人的にはReadingセクションが50点くらい上がりました。私のようにReadingセクションが200~250点でウロウロしている人には良いのでは無いでしょうか。

[音声DL付]究極の英語リーディング Vol. 2 究極の英語リーディングシリーズ

TOEIC500~600点くらいのひとはまずこのVol.2をやってみて、次のステップとしてVol.3をやってみるのをお勧めします。

[音声DL付]究極の英語リーディングVol. 3 究極の英語リーディングシリーズ

ちなみに私は基本から入る性格なので、Vol.1から入りました。当時はTOEIC500点くらいだったので、Vol.1は簡単過ぎました。Readingセクションが200点前後の人には丁度良いかもしれません。

[音声DL付]究極の英語リーディングVol. 1 究極の英語リーディングシリーズ

私は結果的にVol.1~3までそれぞれ3冊買ってしまいましたが、3冊のセット版が出ているので振り返ってみればこのセット版でまとめ買いしておけばお得でした。でも合う合わないがあるので、やはり単品で試しながら買ってしまいますね。

[音声DL付]究極の英語リーディング Vol.1~Vol.3 合本版