intro-myself-biz_02

英語で社外に自己紹介をする機会があったので、記事にしておこうと思う。
以前、自己紹介カジュアル編という記事を書いたがビジネス編とでもしておこう。

転職活動で英語の自己紹介が必要な場合や突発で英語のプレゼンが必要になった人の参考になればと。

自己紹介の状況

自分はシステム屋なので、こんな感じの内容を例に書いてみようと思う。

– 今は製造業の情シス
– 前の会社はソフトメーカー
– ソフトメーカーでは企業向け製品を取り扱い
– 以前はマネジメント経験あり

例文中心で書いていくので、単語だけ変えれば使えると思います。

スポンサーリンク

まずは名前から

何はなくとも、まず名前です。
カジュアルなら[I’m ○○]で良いと思いますが、ビジネスの現場ではさすがに[ My name is ○○ ]が無難です。

My name is Taro Suzuki.

今働いている会社について

最近は転職が身近になってきたので、複数の会社の経歴を持つ人もいます。自分もそうですが。
ということで、まずは今働いている会社について話します。例としては以下です。

– Currently, I work for auto parts manufacturer named ” XXX ” in AAA city.
– 現在、AAA市にあるXXXという名前の自動車部品メーカーで働いています。

今所属している部署

次に今働いている部署と大まかな役割を言います。例としては以下です。

– I’ve been work as a in-house IT support staff for 5 years in the System Department in this company.
– 現在、この会社の情報システム部門で社内SEとして5年間働いています。

社内SEの表現

社内SEという表現はいろいろあると思いますが、例としては以下ですかね。

– IT support staff
– in-house technical support

今の仕事の内容(社内SE)

社内SEの仕事をもう少し詳しく説明します。例としては以下です。

– My job includes supporting our employees about several system and maintaining servers as well as managing some projects.
– 私の仕事は、幾つかのシステムの社内支援、サーバーのメンテナンス、それにプロジェクトのマネジメントです。

自分の強みを話す

もし、転職などの面接であれば自分の強みを話すことがあると思います。
その場合、「My strength are ○○」で良いでしょう。

例としては以下です。

– My strength are logical, quick decision, powerfull management.
– 私の強みは論理的なところ、素早い決断、そして強いマネージメント能力です。

マネージメント経験について話す

リーダー経験があれば、それも強みの一つなので、そのことも説明します。
「leader of a 人数」で良いでしょう。例としては以下です。

– I’m a leader of a seven-members.
– 私は7人のチームのリーダーです。

以前の会社について話す

最近は転職も珍しくないので、複数社の在籍経験があることがあると思います。
その場合は前の会社や仕事についても話します。
以前の仕事ということで「previous job」で良いかと。以前の会社で「previous company」でも良いですね。

例としては以下です。

– I’ll tell you about previous my job.
– 以前の仕事について話します。

前の会社と部署

前の会社にと部署について話す場合も、同じような感じです。多少過去形とか使うくらいですね。例としては以下です。例としてはソフトウェア会社のプリセールスSEです。

– Previously,I worked for a software comapny named XXX-Soft.
– 以前私はXXX-Softというソフトウェア会社に勤めていました。
– I’d been working for 5 years in the company as software engineer. I was in Technical Service Department.
– 私はその会社で5年間ソフトウェアエンジニアとして働いていました。部署はテクニカルサービス部門です。

前の会社の具体的な仕事

– I met clients with sales representative and explain our product about technical information.
– 私は営業同行し、製品に関する技術的な説明を顧客にしていました。
– I tought our clients our products and manage the projects.
– 製品に関して顧客に説明したり、プロジェクトマネジメントをしたりしてました。

担当している製品

もし担当している製品があればそのことも伝えます。今回は前の会社の話をしているので「I was responsible for ○○」で良いと思います。

– I was responsible for Database Management system and SFA..
– 私はデータベース管理システムとSFAを担当しています。

まとめ

専門的な単語は別として、基本的には中学~高校の基本的な文法で自己紹介できると思います。

あとは、パターンが幾つかあるので、自分の好きなパターンに経歴などを当てはめれば英語で自己紹介できるでしょう。

いつ自己紹介が必要となっても良いように、簡単な自己紹介の文面くらいは考えておいて良い気がします。