英語学習のWebサービスを試してみる

ここ数年、書籍や英会話教室だけでなく、Webサービスで英語を学ぶという環境が整ってきました。現在英語のWebサービスは数多くあり、私も幾つか試してみました。私が割と長い間使っているサービスとして今回は「iKnow」を紹介します。

iKnowとは

ものすごくザックリ言うと、PCのブラウザやスマホのアプリで英語を学習するサービスです。もちろんタブレットにも対応しています。

スポンサーリンク

iKnowの特徴

私がiKnowを利用したしてみた実感として、特徴は以下です。

1. 記憶に定着しやすい学習プログラム
2. 毎日続けやすくする工夫
3. 好きなコース、好きなレベルをいつでも

記憶に定着しやすい学習プログラム

コレはこのWebサービスの結構売りにしているところですね。例としては、以下のような感じです。

1. 最初に英語と日本語のペアの単語を記憶させる
2. 選択式で英単語の日本語訳をテスト
3. 音声を聞いて単語をタイピングさせる
4. 日本語から英語訳をテスト

2~4は正答率や回答時間を元に、覚えやすいように出題タイミングが調整されます。
また当然ながら、間違いが多いパターンなどから、出題される単語も変わってきて、そのパートの単語を覚えやすいように工夫されています。

毎日続けやすくする工夫

毎日続けるようにモチベーションを下げないような工夫がされています。主な内容は以下です。日々の小さな達成感を意識している感じです。

1. 週間カレンダー
2. プログレス
3. 学習時間
4. 連続学習記録
5. コースのクリア履歴

iKnowのトップページ
iknow_practice

iKnowの価格

iKnowのプランは以下の4種類です。私は12ヶ月プランを3年間は入ったので、今となっては最初からLifeタイムプランにしておけば良かったです。
ただ、最初は自分に合うかどうか分かりませんからね。

プラン 価格
1ヶ月プラン 月額1,480円
6ヶ月プラン 一括5,880円(1ヶ月あたり980円)
12ヶ月プラン 一括で13ヶ月分9,360円(1ヶ月あたり780円))
Lifetime(無期限) 24,800円

12ヶ月プランは、継続などで1ヶ月分ついてきます。あとLifetimeプランや12ヶ月プランは割引キャンペーンがあったりしますので、そのタイミングで入るのが良いのでは無いでしょうか。

iKnow!を使った学習

iKnow!は以下の学習方法があります。自分の性格、英語スキル、その場の状況に合った学習法を選んでやっていけば良いでしょう。私が主にやっていたのは、「iKnow!」、「Sentence Trainer」、「Listening」ですね。

  1. iKnow!
  2. スピードクイズ
  3. 自己診断
  4. Sentence Trainer
  5. Listening

iKnow!

英単語を様々な形で学習します。発音、日本語から英語、英語から日本語、例文など様々なパターンで学習することによって脳に定着させる感じです。iKnow!の特徴的な学習法と言えるでしょう。私は電車や車で座っている時にコレをやっていました。

スピードクイズ

和英や英和など短い時間で2択問題を解いていきます。単調なので私はあまりやりませんでしたが。短時間でゲーム感覚でやるのには向いているでしょう。

自己診断

その単語を知っているかどうかのチェックをしていき、理解度を診断します。少し試してみましたけど、殆ど使いませんでしたね。

Sentence Trainer

ディクテーションに向いています。読んだり聴いたりして、文章の穴埋めや組み立てを行います。ディクテーションが好きなので、これはよく使いましたね。

Listening

選んだコースの例文がひたすら流れます。私は地味にこの学習方法を一番使います。車や徒歩での移動の時に、単純なリスニングやシャドーイングに使います。例文が豊富なので非常にありがたいです。
あとは、何度か止めてディクテーションに使うことも出来ます。

iKnowのコンテンツはなかなか豊富

iKnowのコンテンツの中身ですが、大まかには以下のような内容です。

1. 英会話(買い物、旅行、日常生活)
2. TOEIC対策
3. ビジネス英語
4. 中国語

 

英会話コース

英会話コースもいろいろあります。買い物編、旅行編、日常生活編などです。基本的にはカジュアルな会話表現ですね。これらのコースを勉強しておけば、海外旅行や英会話教室での会話などに役に立つでしょう。

TOEIC対策コース

私はこのコースを一番使いましたね。600点、800点向けがあり、それぞのれのレベルに対してリーディング編、リスニング編、おさらい編などがあります。自分のレベルと補強したいスキルに応じて学習しましょう。

ビジネス英語コース

このコースは2番目によく使いました。仕事上でよく使う単語やセンテンスです。私はE-mailやSkypeなどのメッセージングサービスで英文を書くことが多かったので、このコースで学習した内容で使えそうな英語表現を仕事で使いましたね。

英語以外にも中国語がある

英語以外には中国語もあります。数回チャレンジしてみたのですが、さっぱり分かりませんでしたね。。。中国語を本気で学びたい人は活用してみてください。
あと中国語のコースを聴いてみて気づいた事があります。
それは、

  中国語を聴いてサッパリ分からない
→ その後英語を聴いてみると英語が少し簡単に聴こえる

という、英語を勉強する人にとっても嬉しい効果ががあることです。
これは中国語じゃなくてアラビア語やスペイン語でも良いかもしれませんが。英語を聴くモチベーションが下がったら試してみるのも良いかも知れません。どのコースを聴いても値段は変わりませんしね。

どれくらい使って、どれくらい効果があったか

履歴を見たら、既に契約期間は3年間を超えていました。ただし、1日10~30分程度なので積算の学習時間は100時間程度ですね。契約してほったらかしにしているわけではありませんが、元を取るためにももう少し頑張った方が良いかもしれません。

どれくらい効果があったか

iKnow以外にも書籍やレッスンなどを受けているので、純粋な効果は不明ですが、iKnowを始めた当初と今とでTOEICの点数を比べてみると以下の通りです。

  • iKnowを始める前(3年前) :450点前後
  • iKnowを始めた後(現在) :650点前後

私の場合は、平日の仕事の行き帰りが主な利用時間です。